他人ごとではない生活習慣病

MENU

メタボリックシンドロームと生活習慣病

生活習慣病の中でも特に注目されているのがメタボリックシンドロームではないでしょうか。

 

肥満や高血圧、高血糖などのリスクを伴っているメタボリックシンドロームの人はとても多いといわれています。メタボリックシンドロームにかかっている生活習慣病の人は、現在、男性の2人に1人の割合、女性の場合には5人に1人の割合でいるといわれていますから、人事ではないような状況です。

 

生活習慣病のメタボリックシンドロームであるかどうかということは診断基準があります。まず中性脂肪知が150mg/dl以上の人、そしてHDLコレステロールが40mg/dl未満の人、最大血圧が130で最小血圧が85以上の人などもメタボリックシンドロームの診断基準の結果、診断されることになります。

 

 

生活習慣病を予防するためにはメタボリックシンドロームを予防して改善させることが必要ですが、そのためには常に食事のときには腹八分目を心がけることや、野菜、食物繊維を食べる、塩分控えめの薄味の食事をする、適度な運動をする、喫煙、アルコールの抑制、そしてストレスをためないことも、生活習慣病のメタボリックシンドロームを予防することにつながりますので、覚えておきましょう。

 

最近はコレステロールや中性脂肪を下げる油なども販売されていますし、飲み物やサプリメントなども販売されていますから、上手に利用しながら、メタボリックシンドロームを予防して生活習慣病を未然に防ぎましょう。

生活習慣病チェック

生活習慣病は普段の生活習慣によって引き起こされる病気のことですが、ある日突然症状が起きることが大半ではありますが、症状が出たのは突然だったとしても、何年も蓄積された結果に発症するのが生活習慣病です。

 

生活習慣を見直すことで、生活習慣病にならないように事前に予防することは十分にできます。

 

生活習慣病に自分がかかっているのかということは、なかなかわかりにくいことです。自覚症状がないことが特徴ですから、自分が生活習慣病にかかっているということを意外と自覚している人は少ないでしょう。そのために、まずは生活習慣病チェックを自分で受けたうえで当てはまることがないか調べてみることが大切です。

 

 

チェックの方法は色々とあります。健康診断を受ければ、一番早いのですが、健康診断をなかなか受けられない人でも、生活習慣病チェックを受けることは可能です。インターネット上で生活習慣病をチェックできるサイトはあります。YES NO形式で答えていき、その結果、生活習慣病であるかどうかがわかりますので手軽です。

 

生活習慣病は発症しなければなかなかわかりにくい病気ですから、発症する前に知ることで、症状が出るのを防ぐことができます。生活習慣病を予防するためにも、チェックを受けることは必要です。

 

食事の時間や生活習慣などをチェックしていき、生活習慣病であるかどうかがわかるチェックがとても手軽です。予備軍という結果になった人は今からでも遅くはありませんので、改善させるようにしましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク